7月2日は半夏生(ハンゲショウ)です。
半夏生とは、夏至の日から11日目で、この日までに田植えを終わらせないと、収穫が半分になってしまうと言われています。
関西では、蛸を食べる習慣があるそうです。
なぜなんでしょうか?
それは、8本足の様に稲が田んぼにしっかり根付くように、そして吸盤の様に立派に稲穂が実る様に、そんな願いが込められているのです。
蛸が田んぼに張り付いてる… 想像すると楽しくなりますね。

それだけではありません。
田植えと云う大仕事が終わり、夏の暑さで疲れがたまる季節
蛸には「タウリン」が多く含まれています。
効用は疲労回復・肝機能の強化などいろいろ、栄養ドリンクにも入っていますね。

蛸にも、オスとメスがありメスのほうがおいしいと言われています。
メスは、吸盤が整然と並んでいてオスは、バラバラに並んでいるそうです。
弾力があって、傷のない物を選びましょう。

お刺身・酢の物・たこ焼き・カルパッチョ・炊き込みご飯 何にしましょう!!